中国語を繁体字で勉強したい2-1

中国語を繫体字で勉強したいパート2-1 中国語
この記事は約2分で読めます。

いきなりですが、繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では頑張って勉強していきましょう!

2.動詞述語文(1)、疑問代名詞と離合詞

「主語+動詞」(ーは~する。)、「主語+動詞+目的語」(~はーをする)は、動作・行為を叙述する文で、最もよく使われる文型です。ここでは「一般動詞を用いた動詞述語文」を中心に、「疑問代名詞」「離合詞」についても解説します。

8.動詞述語文~肯定形

【基本文型】「ーは~します。」「~はーを~します。」

主語+動詞

主語+(副詞[状況語])+動詞+目的語

動詞が術後の主な部分を形成して、動作・行為を叙述する文を「動詞述語文」と言います。簡単な動詞述語文は一つの述語動詞からなっていますが、ほとんどの動詞は目的語を伴います。

我出去。Wǒ chūqu.(私は出かけます。)

他們喝紹興酒。Tāmen hē shāoxìngjiǔ.(彼らは紹興酒を飲みます。)

我很喜歡運動。Wǒ hěn xǐhuan yùndòng.(私はスポーツが大好きです。)

“很hěn”は心理活動を表す動詞“喜歡”を修飾する程度副詞。「~(するのが)大好きです。」の意味です。

中国語の動詞は、主語の人称、時制、数によって変化することはありません。また、目的語は普通、動詞の後に置きます。

9.動詞述語文~否定文

【基本文型】「ーは~しません。」

主語+不bù+動詞

主語+不bù+動詞+目的語

動詞述語文を否定にするときには“不bù”を動詞の前に置き、「~しない《意志》」「(いつも)~しない《習慣》」「~しないであろう《未来》」などの意味を表します。

我不去。Wǒ bù qù.(私は行きません。)

他不看電視。Tā bú kàn diànshì.

そのほか、動詞述語文を否定文にするときには、副詞“沒méi”を動詞の前につけることがあります。

今日はここまでです。お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました