中国語を繁体字で勉強したいパート1-1

中国語を繁体字で勉強したいパート1-1 中国語
この記事は約2分で読めます。

いきなりですが、繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では勉強を頑張っていきましょう!

1.代名詞・名詞と“是shì“を用いる文

「主語[A]+是shì+名詞[B](AはBです)という基本文系と、その否定文、疑問文、「人称代名詞」「指示代名詞」「名詞」について解説します。

1.人称代名詞について

人称代名詞の表

“你“は”您“の敬語です。ただし複数は“您們”とは言わずに“你們”と言います。

話題や文脈の中ですでに表現されている人間以外の物事を表すときには、“它”“它們”となります。中国語ではこれらも人称代名詞です。対話の中で初めて述べるときは“這zhè/zhèi”“那nà/nèi”を用います。

“咱們”は口語でよく使われ、話者とその立場にいる聞き手の双方を含みます。また、聞き手を指して「きみ(たち)」の意もあり、“你”“你們”より親しみがある表現です。一般的に子供に対してよく使われます。

2.“是shì“を用いる文~肯定文

【基本文型】「ーは~です。」

主語 + “是shì“ + 名詞

“是shì“は「~である」という動詞で、関係や判断(存在)を表します。英語のbe動詞のようなものと考えてよいのですが、“是shì“は主語の認証や自制、数などによって変化することはありません。特に強調する場合を除き、形成で発音するのが一般的です。

我是日本人。Wǒ shì Rìběnrén.(私は日本人です。)

今日はここまでです!お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました