中国語を繫体字で勉強したい5-1

中国語を繫体字で勉強したいパート5-1 中国語
この記事は約2分で読めます。

繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

シリーズ一覧はこちら

では頑張って勉強していきましょう!

30.形容詞述語文~肯定文

形容詞が述部の主な要素を構成し、人や事物の性質・状態について描写する文を「形容詞述語文」と言います。形容詞がそのまま述語になります。

【基本文型】「ーは(どんな)です。」

主語 + 述語〔形容詞〕

這個大。Zhège dà.(これは大きい。)

31.形容詞述語文の中の”很hěn”

肯定文では、述語形容詞の前に通常、”很hěn”(とても、非常に)という副詞をつけます。この場合の”很hěn”は程度を表す意味があまり強くありませんので、日本語訳では特にこれを訳さないのが一般的です。

たとえば、”職員很多。Zhíyuán hěnduō.”と”職員多。Zhíyuán duō.”では、程度の上であまり差がないということになります。ただし、”很hěn”にアクセントをおいて強く言えば、程度の大きさが現れます。

また、副詞をつけないケースで、比較のニュアンスを伝える場合もあります。対照の分によく使われます。

學生多、老師少。Xuéshēng duō, lǎoshī shǎo.(学生は多く、先生は少ない。)

32.形容詞述語文~否定文

否定形は、副詞”不bù”を用います。

【基本文型】「ーは(どんな)ではありません。」

主語 + 不bù + 述語〔形容詞〕

我的房間不大。Wǒ de fángjiān bù dà.(私の部屋は大きくありません。)

今日はここまでです。お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

タイトルとURLをコピーしました