中国語を繁体字で勉強したい2-6

中国語を繫体字で勉強したいパート2-6 中国語
この記事は約2分で読めます。

繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では頑張って勉強していきましょう!

2.動詞述語文(1)、疑問代名詞と離合詞

「主語+動詞」(ーは~する。)、「主語+動詞+目的語」(~はーをする)は、動作・行為を叙述する文で、最もよく使われる文型です。ここでは「一般動詞を用いた動詞述語文」を中心に、「疑問代名詞」「離合詞」についても解説します。

12.他動詞と自動詞

動詞が目的語をとるか否かに中心をおいて動詞の分類を考えると、「他動詞(“及物動詞”)」と「自動詞(”不及物動詞“)」に分けられます。他動詞は目的語を伴いますが、自動詞は目的語を伴いません。

【他動詞+目的語】の例

看電視kàn diànshì(テレビをみる)

吃魯肉飯chī lǔròu fàn(魯肉飯を食べる)

喝牛奶hē niúnǎi(牛乳を飲む)

穿衣服chuān yīfú(服を着る)

坐公車zuò gōngchē(バスに乗る)

包餃子bāo jiǎozi(餃子を作る)

自動詞

游泳yóuyǒng(水泳をする)

休息xiūxí(休む)

睡覺shuìjiào(眠る)

ある少数の自動詞は、目的語を伴って他動詞となることがあります。この場合、自動詞で使われるときと意味は異なります。

他笑了。Tā xiàole.(彼は笑いました。)

他笑她了。Tā xiào tāle.(彼は彼女をあざ笑いました。)

今日はここまでです。お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました