中国語を繁体字で勉強したい2-5

中国語を繫体字で勉強したいパート2-5 中国語
この記事は約2分で読めます。

いきなりですが、繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では頑張って勉強していきましょう!

2.動詞述語文(1)、疑問代名詞と離合詞

「主語+動詞」(ーは~する。)、「主語+動詞+目的語」(~はーをする)は、動作・行為を叙述する文で、最もよく使われる文型です。ここでは「一般動詞を用いた動詞述語文」を中心に、「疑問代名詞」「離合詞」についても解説します。

【為什麽】wèi shénme(《フレーズ句で》なぜ、どうして)

你為什麽不吃早飯呢?Nǐ wèi shénme bù chī zǎofàn ne?(あなたはなぜ朝食を食べないのですか。)

【什麽時候】shénme shíhou(《フレーズ句で》いつ)

她們什麽時候出發?Tāmen shénme shíhou chūfā?(彼女たちはいつ出発しますか。)

【哪會兒】nǎhuìr(いつ)

你是哪會兒從北京回來的?Nǐ shì nǎhuìr cóng Běijīng huílai de?(あなたはいつ北京から戻ってきたのですか。)

台湾人の人はあまり“兒er”を使用しません。この表現に限らずです。そのため台湾ではなるべく“什麽時候shénme shíhou”を使用するようにしましょう。

【几】jǐ(〔10未満の数を予想して〕いくつ、いくら、何)

您的小孩子兒几歲了?Nín de xiǎoháir jǐ suì le?(あなたのお子さんはおいくつになりましたか。)

【多少】duōshao(いくら、どれくらい)

你們共司有多少職員?Nǐmen gōngsī yǒu duōshao zhíyuán?(あなたの会社は社員がどれくらいいますか。)

今日はここまでです。お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました