中国語を繁体字で勉強したい1-4

中国語を繫体字で勉強したいパート1-4 中国語
この記事は約2分で読めます。

いきなりですが、繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では頑張って勉強していきましょう!

1.代名詞・名詞と“是shì“を用いる文

「主語[A]+是shì+名詞[B](AはBです)という基本文系と、その否定文、疑問文、「人称代名詞」「指示代名詞」「名詞」について解説します。

7.限定語“的de”(~の)について

名詞(または名詞に準じる語)を他の名詞の修飾語として用いるとき、その両者を結ぶために助詞の“的de”(日本語の「~の」に相当)を用いる場合と用いない場合があります。

①“的de”を用いる場合《所有、所属を表す》

我的書跑wǒ de shūbǎo(私のカバン)

②“的de”を用いない場合《家族、知人、所属団体》

他哥哥tā gěge(彼の兄)

二つの単語が緊密に結びつき、すでに熟語化しているときには“的de”は用いません。

中國老師zhōgguo lǎoshī(中国人の先生)

英文報yīngwén bào(英字新聞)

また、会話の流れの中で、“的de”のあとに続く語がはっきりわかっているときは、その語を省略することができます。この場合の“的”は、「《名詞の代わりとなって》~もの[人]という意味です。

那是你的書包嗎?Nà shì nǐ de shūbāo ma?(それはあなたのカバンですか。)

不,那是他的。Bù, nà shì tā de.(いいえ、それは彼のものです。)

今日はここまでです!お疲れ様でした。

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました