中国語を繁体字で勉強したい1-2

中国語を繫体字で勉強したいパート1-2 中国語
この記事は約3分で読めます。

いきなりですが、繁体字で中国語を勉強したいと思ったことはありませんでしょうか。

台湾や香港に行く用事があってある程度勉強をしたいと思ってもあまりテキストはありません。簡体字ならあるけど、わざわざ繁体字に直すのが面倒。

そういった悩みを解決すべく私のオリジナルで繁体字のテキストをつくろうと思います!

と言ってもさすがに無理があるので、いくつかのテキストを参考にそれを簡体字から繁体字に直します。

前回の記事はこちら

シリーズ一覧はこちら

では勉強を頑張っていきましょう!

1.代名詞・名詞と“是shì“を用いる文

「主語[A]+是shì+名詞[B](AはBです)という基本文系と、その否定文、疑問文、「人称代名詞」「指示代名詞」「名詞」について解説します。

3.“是shì“を用いる文~否定文

【基本文型】「ーは~ではありません。」

主語 + “不 是bú shì“ + 名詞

“不bù“は「~ではない」という否定の副詞です。この“不“を“是”の前に付け加えて“不是”とすると、「~ではない」の意味になります。

通常、“不”は“bù”と第4声に発音しますが、後ろにくる音節の成長によって変化しますので、注意が必要です。

bù→単独の場合

bù→後ろが第1声、第2声、第3声の場合

bú→後ろが第4声の場合は第2声に変化

我不是日本人。Wǒ bú shì Rìběnrén.(私は日本人ではありません。)

4.“是shì“を用いる文~疑問文

【基本文型】「ーは~ですか。」

「ーは~ですか。」と疑問文にするとき、文型は次の3つのパターンがあります。

①主語 + 是shì + 名詞 +嗎ma?

②主語 + 是不是shì bu shì + 名詞?

③主語 + 是shì + 名詞 +不是bú shì?

主語を「これ“這zhè”」、名詞を「新聞“報bào”」に置き換え、「これは新聞ですか」という疑問文を作ってみましょう。

①這是報碼?Zhè shì bào ma?

②這是不是報?Zhè shì bu shì bào?

③這是報不是?Zhè shì bào bu shì?

①は「諾否疑問文」といい、文末に疑問の語気助詞“嗎ma”を加えます。②と③は「反復疑問文」といい、動詞の肯定形(”是“)と否定形(“不是”)を連ねた形で構成されます。

上記の①②③の疑問文に対して、その答え方の基本は次のようになります。

☆肯定の場合

是,這是報。Shì,zhè shì bào.(はい、これは新聞です。)

☆否定の場合

不是,這不是報。Bú shì, zhè bú shì bào.(いいえ、これは新聞ではありません。)

“是”は「はい」という肯定の返事に、“不是”は「いいえ」という否定の返事にも用いられます。

今日はここまでです!お疲れ様でした!

参考文献

完全マスター中国語の文法[改訂版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました